キャンパス画像

キ-ボードの操作

大学モデル、看専モデル 共通


スマホと違ってパソコンはキーボードを打ったりタッチパッドでクリック(タップ)、ダブルクリックすることで操作をします。最初はどのキーがどこにあるのか探すのに時間がかかりますが、習うより慣れろで頑張ってください。

図の赤で囲った場所の左側、「A」「S」「D」「F」のキーに左手の小指から順に置きます。「F」が左手の人差し指です。右側は「J」に右手の人差し指を置き「;」セミコロンが右手の小指です。両手の親指を「スペース」キーの上に置きます。この位置をキーボードを打つ指のホームポジションといいます。青線の左側にあるキーを左手で、右側を右手で打って入力するのが一般的です。親指を置いた「スペース」キーを打って漢字に変換します。スペースキーで変換候補を選び、Enter キーで確定します。

※ スマホよりもタイピングやタップ、クリック操作はやや強めに。

※ 左クリック、右クリックは角のあたりをカチッと押します。

↓これはノートパソコンの一般的なキーボードの図です。

ローマ字→日本語に変換

実習レポートを書くには、ローマ字でキーを打ってスペースキーで漢字に変換し「Enter」キーで確定します。はじめにキーボードでローマ字を打つことに慣れてください。キーボードの入力はローマ字による日本語入力です。英文は英数モード(直接入力モード)です。一般的に日本語は全角、英数字は半角です。


ローマ字入力の練習

ワードを起動します。画面左下のスタートボタンの右に 「wo」と打つと Word を見つけてきます。そのまま「Enter」キーを押してワードを起動します。「白紙の文書」を選びます。


あ い う え お a i u e o

白紙の文書のどこかを一度タップしてカーソル「|」を表示します。カーソルの位置に文字が入ります。カーソル「|」は矢印キー(↑↓→←)で移動します。ホームポジションに指を置いて、ホームポジションから近い指で「a」あ 「i」い 「u」う 「e」え 「o」お の順にキーを打ち、最後に右手の小指か薬指で「Enter」を打って入力を確定します。どんなに難しい言葉の入力もここがスタートラインです。ホームポジションに指を置いたまま、キーボードを見ないでワードの画面を見ながら「あいうえお」+「Enter」が打てるようになると一気に加速できます。


「あいうえお」をマスターしたら「かきくけこ」「さしすせそ」とすすみます。濁音の「ざじずぜぞ」や「ぎゃぎゅぎょ」も練習してください。最後に「Enter」を打たないと文字を確定できません。文字の下にアンダーラインや波線があると、まだ確定していません。「Enter」で確定してもう一度「Enter」を押すと改行します。ある程度まで打ったら文書に「入力練習」などと名前をつけてデスクトップに保存します。次に練習するときは、デスクトップに保存した「入力練習」のアイコンをダブルクリックして文書を開きます。


ローマ字入力
---
あ a i u e o +「Enter」
か ka ki ku ke ko
さ sa si/shi su se so
た ta ti/chi tu/tsu te to
な na ni nu ne no
は ha hi hu/fu he ho
ま ma mi mu me mo
や ya yu yo
ら ra ri ru re ro
わ wa
を wo
ん nn
---
が ga gi gu ge go
ざ za zi/ji zu ze zo
だ da do
ば ba bi bu be bo
---
きゃ kya kyu kyo
しゃ sha/sya shu/syu sho/syo
ちゃ cha/tya chu/tyu cho/tyo
にゃ nya nyu nyo
みゃ mya myu myo
りゃ rya ryu ryo
ぎゃ gya gyu gyo
じゃ ja/jya ju/jyu jo/jyo
ぢゃ dya dyu dyo
びゃ bya byu byo
ぴゃ pya pyu pyo
ふぁ fa fi fe fo
---
ヴァ va vi vu ve vo
ぁ xa xi xu xe xo(小文字)
っ xtu(小文字)
うった utta


キーボードの名前

キーボードは a ~ z のアルファベットの他に記号や「Shift」「Ctrl」「F1」などや色のついた文字が書かれているキーがあり、これらのキーを打ったり、またあるキーを押しながら他のキーを同時に打つことで文字入力とは別の機能が使えます。ひとつひとつ名前がついています。


「スペース」キー = 日本語変換キー

「Shift」シフトキー(大文字を入力)

指のホームポジションで両手の親指を置いたキーがスペースキーです。スペースキーを押すとローマ字を漢字とかなに変換します。

【変換チェック】
huyou 変換 Enter
hukyuuno 変換 Enter
gaisyutuwo 変換 Enter
hikaeteimasu 変換 Enter 。
不要不急の外出を控えています。


アルファベットを大文字で打つには「Shift」キーを押しながら打ちます。「Shift」キーを押している間はすべて大文字になります。


キーボードの手入れ

キーボードの上に被されていた不織布は、画面を閉じた時に液晶画面とキーボードが接触することを防いでくれます。パソコンを閉じた状態で上に教科書や辞書などを置くと、重みで画面がゆがんでキーボードに接触し、液晶パネルの表面にキーの跡が残ります。

ひとつひとつのキー(キートップ)と本体シャーシの間には隙間がありますが、ここに埃がたまると押したキーが戻りにくくなります。カップ麺の汁が飛んでそのままにしておくと乾燥して固まってしまいます。

ジュースなどの液体をこぼすと、キーの隙間から内部に入り込みます。メインボードまでぬらしてしまうほどの量なら、内部でショートを起こして起動しなくなります。こうなると深刻です。

  

日頃のお手入れ

電源を落としてから、

・ティッシュを少し濡らして固くしぼりキーボードの汚れをやさしく拭き取ります。
・綿棒でキートップの周りをきれいにします。
・よく乾燥させてから、不織布かレンズ拭きのような柔らかい布を被せ画面を閉じます。
  

※ 画面(液晶パネル)の汚れを落とすとき、水分は絶対にダメです。表面を傷つけて表示の不具合を起こします。柔らかい布で軽く拭くか専用のクリーナーを使用します。

セットアップ

操作方法

故障・修理

部品や経年劣化による故障は「自然故障」の扱いとなり、メーカー保証で無償修理ができますが、使い方に原因がある場合は故障ではなく「事故」の扱いとなりメーカー保証の対象外です。「うっかり」落としてしまったような場合、大学モデルは「あんしん保証4年版」(1年生)と QG-Care 4年版(2年生~4年生)で思わぬ事故を補償します。看専モデルは QG-Care 3年版で補償します。

取り扱いには十分気をつけて大事に使ってください。


生協パソコンの延長保証

  • 大学モデル1年生は、メーカー保証4年間 + あんしん保証4年版
  • 看専モデル1年生は、メーカー保証4年間 + QG-Care 3年版
  • 大学モデル2年生~4年生は、メーカー保証4年間 + QG-Care 4年版
QG-Care

※ 看専モデルは社会人1年目への対応を考慮して、メーカー保証とウイルス対策 ESET を4年版にしてあります。


故障相談と修理の流れ

  1. 生協へ持ち込んで相談
    (1年生は週2回の放課後相談窓口へ。長津田店は電話相談。)
  2. 不具合の症状により部品交換や初期化が必要であれば修理受付
  3. 修理中は代機を貸し出し(修理期間は約2週間)
  4. 修理が完了したら貸出機と交換に返却
    (初期化による Windows のセットアップは生協で行います。)

※ 修理に出す前に、書きかけのレポートや必要なファイルはUSBメモリなどにバックアップコピーをとってください。修理で初期化が必要となった場合は中のデータ(保存した文書やアプリなど)がすべて消えます。正規の音楽ファイルはダウンロードし直してください。


お知らせ

【学部新入生】

2020/5/7

パソコンのセットアップと Office 2019 、ESET 6年版をインストールして下さい。「あんしん保証サービスパック4年版」の登録は生協で一括登録します。登録がまだの方は「お客様登録」のみすませてください。下記サイトの「ID取得はこちらから」を押してマイページが表示されれば「お客様登録」はすんでいます。ウイルス対策ソフトの ESET は卒業まで6年間有効です。

・あんしん保証サービスパック4年版の登録


※ 機種の変更にともなう返金は5月中に行う予定です。差額につきましては、当初の見込みから変更があります。

<差額の根拠>
・タッチパネルとCPU、軽量パーツの変更等
・周辺機器の提供と保証の変更
・ボリュームディスカウントによる変更

バッグとプリンタは富士吉田入寮後にお渡しします。送付をご希望の方はご連絡ください。



【看専新入生】

パソコンのセットアップと Office 2019 、ESET 4年版をインストールして下さい。4年延長保証の登録は生協で行います。パソコンのサポート(相談や修理)は学部生と同等です。困ったことがあれば旗の台キャンパス4号館地下の生協カウンタへ持ち込むか電話、メールでご連絡ください。ウイルス対策ソフトの ESET の有効期間は4年間です。

※ 看専モデルの ESET で、有効期限が2023年までと表示される場合がありますが、2024年まで4年間有効です。8月までに有効期限の表示を修正します。バッグと周辺機器は登校が再開されてからお渡しする予定です。


【2年生、3年生、4年生】

休校中は電話とメールで相談や修理の受付をします。自宅から修理センターへ着払いで送付して、修理完了後に自宅へ宅配できます。自己負担5,000円や修理代金がかかる場合は、登校が再開してからお支払いください。


【5年生、6年生】

メーカー保証は4年間で終了しますが故障の相談や修理中の貸し出しなどのサポートは卒業まで継続します。部品交換が必要となる修理は有償になります。

ウイルス対策ソフト ESET の更新は4年生の3月末まで4年間です。更新のメッセージが出ますので新規にウイルス対策ソフトを購入し、いま入っている ESET をアンインストールしてから新規にインストールしてください。特別仕様のためそのまま継続して更新することはできません。

※ 2019年(新2年生)からウイルス対策の更新期間を6年間に延長しました。


【卒業生】

6年間(保健医療学部は4年間)、生協パソコンを大事に使っていただきありがとうございました。2020年1月に Windows 7 のサポートが終了しました。2014年入学の方には最新の Windows 10 パソコンや Mac への買い替えを推奨します。

お問い合わせ

電話

03-3788-2322
内線 8268

Eメール

coop-info@ofc.showa-u.ac.jp

※ 折り返しの連絡がない場合は
電話連絡を下さい。

店舗案内

緊急事態宣言を受けて、5月末まで店舗ごとに営業時間の短縮や臨時閉店を実施しています。詳細は各店舗へお問い合わせください。


富士吉田店

TEL/FAX 0555-23-8505
週2回(火、木)放課後にパソコン相談

長津田店

TEL 045-985-9624
FAX 045-985-9625
生協で相談、修理受付

洗足店

TEL/FAX 03-3787-4432
旗の台店で相談、修理受付

看専

平日昼間のみ訪問販売
旗の台店で相談、修理受付

グリル・アミ

TEL/FAX 03-3785-9729

旗の台店

TEL 03-3788-2322
FAX 03-3782-8729
生協カウンタで相談、修理受付

【主な取り扱い品】店舗により取り扱いのない場合がありますのでお問い合わせください。

教科書、参考書、雑誌、電子辞書、実習用品、白衣、スクラブ、ナースシューズ、ステート、文具、日用雑貨、食品、飲料、家電、事務用品、OA機器、パソコン本体、Mac、周辺機器、スマホグッズ、アカデミック版ソフト、切手、ゆうパック、宅急便、名刺、印刷、製本、コピーサービス、運転免許、合宿免許、オリジナル商品、ISIC国際学生証、共済・保険

・関連施設へ送付する場合は送料がかかります。

・その他、お取り扱いとお見積もりはお問い合わせください。


昭大生協 旧サイト

(スマホには対応していません。)


TOP